Kittyちゃんのリボン

1.幸せを願って!

いつの頃からかkittyちゃんが幸せそうであるかどうかが気になるようになった。Kittyちゃんのピンクのリボンが可愛いピンク色でふっくら幸せそうに収まっているかが日々気になるのである。縫いぐるみがグロテスクになると不幸なるものが蔓延しそうなので、日々kittyちゃんが幸せそうでいることを願ってやまない!と何処からかいつでも聞こえてくることをkittyちゃんに思っていました。そんな風にして言葉なるものが幸せでいることを願ってやまないと言葉になる時、思い思いに誰の幸せを願ってやまないかはさまざまだという話から争いは始まるのです。心ひそかに幸せを願ってやまないという上品な話であれば争いにまで発展しません。何処からどのようなどんなことで幸せを願ってやまないのか?争い始めてからというもの恐ろしいほどの厚かましくも図太い人々の汚いことと言ったら!誰の幸せを?と調べ上げながらいもしない貢ぎについてしか述べないものから感じたことですが、貢ぎほど汚いものはない!ということです。有名人浮浪者に扮した貢ぎなるものを理解し難い狂人だと思っていましたが、飢え死にしても拷問にあっても見も知らない気づくけどうかすらわからない女に貢いで食うものも食わず着るものも着ないだなんてオカシイ!そんなオカシイ!話死んでも聞かない!と長く思っています

2.お人好し

Kittyちゃんもそんなお人好しと思われているのかもしれません。たまたま見かけて購入したカバンにぶら下げるタイプのちょっと大きめなマスコットタイプのkittyちゃんは、身が半分黒い色に変わっていて赤いリボンをしています。ふっくら幸せそうに仕上がったピンクのリボンを離したくない!と胸に抱え込んでるの図で縫いぐるみになっています。縫いぐるみというものが、写真よりもリアルな感じでその瞬間を形にしていると思うのはこんな縫いぐるみを買った時です。赤いリボンをしたkittyちゃんもハッキリクリアーな感じがして可愛い!のですが、クリアーすぎると少年のようになってしまうことがあります。ぶら下げるタイプのマスコットにはオカルト話のような怖い話が時にあるようです。どんなことでかは聞いたことがありませんが、首吊り死体だ!と言って聞かない人がいるんですね。不吉ですし、数年の間ぶら下げるタイプを購入せずに睨み合っていたのでしょうか。かえっ動きがなく縫いぐるみ自体は買いにくいと思いました。ある日、女子高生がカバンにぶら下げて歩いているのを見かけたことで堰きったように買いました。Kittyちゃんと仲間たちをぶら下げるタイプのマスコットで揃えてしまいました。ぶら下げて持ち歩いているかと言ったら、持ち歩く気にはならず並べて置いてあるのですが。お人好しというだけでそんなこと有り得ない!と思うような場面にもkittyちゃんグッズがいつも一緒だった!と語られているのかもしれません。

3.kittyちゃんのリボン

控えめなkittyちゃんのリボンの幸せそうな感じですが、リボン型のネイルチップなどがお気に入りです。風になびくようなリボンというより、硬い感じのものですね。携帯電話をデコった時もkittyちゃんのリボンをイメージした赤いリボンをキラキラ光る石で一粒ずつデコったのでした。すこぶる楽しいのですが、携帯電話を厳重にすべきだという意味なのかデコって楽しい!時に起きるのか破産が囁かれカードがダメになってしまいました。その後、スマホに買い替えたのですが、無用心ですね。セキュリティを強化しなければなりませんね。 Kittyちゃんには口がありません。それで、口についての談義と歯科医の唐突さというのものが不幸になりがちです。歯医者と敗者をかけていたのでしょう。歯医者の診察に行くだけだから関係ないと思っていましたが、その後敗者と言われ来ないものがあって困っています。同じようないい感じで同じような幸せな感じだったのですが、歯医者に行った後なかなかそうならなくて困っています。歯医者の待合室に集まる話をラジオで聞いたこともあります。口がないからでしょうか。点のような目で黙って見ている!という感じがkittyちゃんですね。いつも一緒!と思わず呟いてしまう。Kittyちゃんは頼りになるな!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です